簡易検索(簡易キーワード)検索

検索する

ゆかりの地をゆく|対馬

お船江おふなえ

現在地:長崎県対馬市厳原町久田

 対馬藩の藩船が係留されていた人口の入江。厳原港の南側の久田川河口にあり、4基の突堤とっていと5つの船渠せんきょ が並んでいる。つまり大型の船を5隻格納できるようになっている。寛文3年(1663)に築造されており、俗に「お船屋」とも称した。満潮時には木造の大船が出入できる程の広さと深さがあり、干潮時には干上がるようにできている。その差およそ2メートルである。

 対馬藩の所有する船が、航海から帰って次の航海までの間、このお船江に入り船体を手入れした。陸上には船大工や水夫かこたちの住居があった。築堤の石積みは当時のままで、正門・倉庫・休息の建物等の遺構も残っており、往時の壮大な規模をうかがうことができる。これらの遺構は、日朝外交史上大きな役割を果たした対馬藩の特徴の一つといえる。昭和44年県の史跡に指定されている。

写真
お船江と海をつなぐ水路(手前がお船江)。両岸には護岸のための石積みが残る。
写真
写真には3つの突堤と3つの船渠が写っている。左の船渠には2艘の船が係留している。
参考文献
  • 永留久恵『対馬歴史観光』杉屋書店、1994年
このページのトップへ戻る

このデータベースの構築にあたっては、独立行政法人日本学術振興会平成15年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の交付を受けています。
© Kyushu National Museums 2009 All rights reserved.