簡易検索(簡易キーワード)検索

検索する

ゆかりの地をゆく|対馬

西山寺せいざんじ

現在地:長崎県対馬市厳原町

写真
西山寺の石段。

 天安元年(857)、島分寺が炎上した翌年、国府嶽こうだけの麓に大日堂を建てたのが大日寺と号するようになり、これがこの寺の起源だといわれる。永正9年(1512)宗貞国さだくに夫人の菩提寺となったことから、その法号にちなんで西山寺と改めた。

 享保17年(1732)、日吉にあった以酊庵が焼失して西山寺に移転してきたため、西山寺は中村の瑞泉院に移ったが、明治元年(1867)に以酊庵が廃寺となり、西山寺が故山に還った。本堂に玄蘇げんそ玄方げんぼうの彫像があり、以酊庵の遺品が伝承されている。

参考文献
  • 永留久恵『対馬歴史観光』杉屋書店、1994年
このページのトップへ戻る

このデータベースの構築にあたっては、独立行政法人日本学術振興会平成15年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の交付を受けています。
© Kyushu National Museums 2009 All rights reserved.