簡易検索(簡易キーワード)検索

検索する

ゆかりの地をゆく|対馬

厳原八幡宮いずはらはちまんぐう

現在地:長崎県対馬市厳原町中村

 対馬には古来上県郡かみあがたぐん下県郡しもあがたぐんに八幡宮と号する神社があって、上津八幡宮・下津八幡宮と並び称された。このうち下津八幡宮が現在の厳原八幡宮である。厳原八幡宮は室町時代までは下津八幡宮と号しているが、戦国時代以後府中八幡宮とし、明治4年(1871)に和多都美、同23年(1890)厳原八幡宮に社号を改めた。神宮皇后、応神天皇、仲哀ちゅうあい天皇、姫大神、武内宿禰たけのうちすくねを祭神としている。現在も旧暦の8月15日には大祭が行われる。

写真
厳原八幡宮の大町通りに面した鳥居。
写真
厳原八幡宮の鳥居。
参考文献
  • 永留久恵『対馬歴史観光』杉屋書店、1994年
このページのトップへ戻る

このデータベースの構築にあたっては、独立行政法人日本学術振興会平成15年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の交付を受けています。
© Kyushu National Museums 2009 All rights reserved.