簡易検索(簡易キーワード)検索

検索する

ゆかりの地をゆく|対馬

桟原屋形さじきばるやかた

現在地:長崎県対馬市厳原町今屋敷

 宗義真よしざねが金石屋形を拡張整備したのと同時期、桟原屋形の新築が進んでいた。万治3年(1660)3月3日に着工し、延宝6年(1678)の完成まで18年の歳月をかけて築城した。対州府城または府中城と称したが、家中では「お屋形」と呼び、金石城に対して桟原城ともいう。明治2年(1869)に府中を厳原と改名してからは厳原城ともいう。現在城跡は陸上自衛隊対馬駐屯地となっている。

 また築城と同時に水利工事、城下の町割等が行われ、現在もこの時の町並みをとどめている。船着場から桟原の城門まで直線の大通りを通したのは、朝鮮通信使の行列を盛大に見せるためであったという。

写真
写真の中心に見えるのが現存している桟原屋形の石垣の一部である。
写真
桟原屋形の高麗門(からもん)。桟原屋形の第3門であった。現在県立対馬歴史民俗資料館と厳原町資料館の近くに復元されている。
参考文献
  • 永留久恵『対馬歴史観光』杉屋書店、1994年
このページのトップへ戻る

このデータベースの構築にあたっては、独立行政法人日本学術振興会平成15年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の交付を受けています。
© Kyushu National Museums 2009 All rights reserved.