簡易検索(簡易キーワード)検索

検索する

ゆかりの地をゆく|江戸屋敷と蔵屋敷

江戸対馬藩邸上屋敷えどつしまはんていかみやしき

現在地:東京都台東区台東

 対馬藩の江戸藩邸上屋敷は、現在の台東区台東、秋葉原と浅草橋の間にあった。もとは二長町にちょうまちといい、町名の由来は町内に通称「二丁町」という小道があったのに因むという。南隣は伊勢津藩藤堂家、東隣は肥前平戸藩松浦家の屋敷があった。現在、藤堂家の屋敷跡は、藤堂和泉守に因んだ神田和泉町という地名が残る。また松浦家の屋敷跡には蓬莱園という庭園跡があり、現在都立忍岡高校、柳北公園、柳北小学校となり、当時の池の一部、大銀杏が残っている。

 対馬藩の上屋敷は、寛永4年(1625)に幕府より拝領し、『宗氏家譜略』によると、翌寛永5年6月6日に「柳原新邸成就、旅宿行安寺ヨリ移徒」とある。拝領地に建物を建設し、藩主がそれまで旅宿にしていた行安寺から移ったことがわかる。柳原とは、対馬藩邸を少し南へ行ったところを流れる神田川の南土手が「柳原土手」と呼ばれ、その対岸が「向柳原」と呼ばれていることから名付けられた。面積は14537坪(約48060m²)、南北に長い長方形の敷地であった。上屋敷は、参勤交代で江戸に来た藩主が滞在し、また江戸上りの朝鮮通信使の接待もこの屋敷で行われた。朝鮮通信使の馬芸である馬上才ばじょうさいを老中が見物に訪れた記録もある。

写真
肥前平戸藩邸跡。
写真
江戸対馬藩邸上屋敷跡。
写真
江戸対馬藩邸上屋敷跡。
写真
江戸の対馬藩邸位置図。
このページのトップへ戻る

このデータベースの構築にあたっては、独立行政法人日本学術振興会平成15年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の交付を受けています。
© Kyushu National Museums 2009 All rights reserved.