簡易検索(簡易キーワード)検索

検索する

ゆかりの地をゆく|江戸屋敷と蔵屋敷

長崎ながさき

現在地:長崎県長崎市銅座町

写真
出島から見た対馬藩蔵屋敷跡。

 正保4年(1647)6月、ポルトガル船2隻が長崎沖に来航した。幕府は馬場利重、日根野吉明、高力忠房のもと西日本の諸藩から5万もの軍勢を動員させポルトガル船を退去させたが、事件後、福岡藩と佐賀藩の長崎警備は一段と強化された。更に、長崎奉行所と近隣諸藩との関係を密にするために、各藩は蔵屋敷を長崎に設け、聞役ききやく付人つけにんを派遣し、長崎奉行所との連絡を強化させた。蔵屋敷は、もとは諸藩が年貢米や特産物などを収納し、販売・換金するために設けたものであるが、諸藩の出先機関としての機能も備え、聞役や付人の官舎に使用された。

 ポルトガル船来航以降置かれた蔵屋敷の内、対馬他5藩は聞役を蔵屋敷に常駐させた。記録によると、対馬藩の蔵屋敷は元禄17年(1704)頃は本紺屋町にあり、東築町に移転したのは嘉永5年(1852)頃のことである。

 また、対馬以外の日本各地に漂着した朝鮮人は、長崎奉行所で取り調べを受け、その後対馬の府中まで護送され朝鮮へ帰国した。長崎の対馬藩蔵屋敷はその中継地としての役割も担っていた。

参考文献
  • 長崎市立博物館編『長崎学ハンドブック? 長崎の史跡(南部編)』長崎市立博物館、2002年
このページのトップへ戻る

このデータベースの構築にあたっては、独立行政法人日本学術振興会平成15年度科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の交付を受けています。
© Kyushu National Museums 2009 All rights reserved.